• 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

紀南抄「ローカルは金で買えない」

 「海も山もある故郷を、何も無い町と呼んでいた。」—。飲食店の、すごく好きなキャッチコピーである。
 
 以前、和歌山県中小企業家同友会で講演した藻谷浩介さんは、スライドに東京都の地図を映した。たくさんのビルやお店が密接に並んでいるその様子を指して、「ここには何もないですね」ときっぱり言い切る。つまり、そこに並んでいるのは箱物であって、実際にモノを生産しているわけではないというのである。また一方で和歌山県の地図を映して、この土地がいかに豊かなのか、世界の中でこれだけの山々と森林、美しい海に囲まれた地域がどれほど貴重な価値のあるものなのかを、力強く説いた。痛快かつ強烈な講演だったのを覚えている。
 
 都会は、人の手で作ることができる。しかしローカルはどうだろう。そこには、土台となる地形や気候、自然環境、風土、そこに根付く人々の生活、積み重ねてきた歴史、文化がある。これは人工的に作り出すことができない。金でも買えない。
 
 「地域性」どころの話ではない。本当の意味での発展とは何なのか。今一度、熊野の価値を再考していきたい。
 
【稜】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ