• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

不連続線「地域資源の掘り起こし」

 尾鷲市三木里町の野鳥の小径で散策イベントがあった。参加者は尾鷲市内と御浜町の15人。このうち、地元、三木里町の参加者も何人かいたが、その中には初めて歩いた人もいた。

 野鳥の小径が完成したのは平成4年4月。自治省のふるさとづくり特別対策事業で、JR三木里駅から国道311号までの市道の拡幅と合わせ、元年度から3年間をかけて整備した。

 かつては小学生が植樹をしたり巣箱をかけたり、遠足の場として利用されていた。尾鷲市のココロとカラダの健康ウォーキングコースにも設定されているが、利用する人は決して多くはない。

 当地方には熊野古道のほか、車道ができるまで生活道路として活用された山道、崩落や土砂崩れで通れなくなった林道や旧国道もあるが、それぞれの道にはそれぞれの景色や風情があり、少し手を入れることで復活できるルートもある。

 自治体によっては、材料の支給や重機の借り上げなどを支援し、地域住民が協働で活動する「道普請」があり、それらの制度は考えられないか。

 新型コロナウイルスが終息する時に向け、地域の資源を見直し、外部に発信する手立てを考えておくことも必要ではないか。

(J)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ