• 夏を感じる麺特集
    涼麺
  • 土用丑の日
    7月24日・8月5日
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「まちなかの古道」

 過去の新聞を読みながら、自分がいなかった頃のまちはどうだったか、と思うことがある。文字と写真で情報は伝わるが、紙面のモノクロは鮮やかな色に変わらず、叶わぬ夢があるような気になる。
 
 一度見てみたかった光景の一つに、行灯で照らされた旧熊野古道がある。世界遺産登録時などの話を聞く度に、このまちがどれほど幻想的になっていたのか、と想像することしかできない。
 
 世界遺産に登録されたのは峠や山道だが、そもそも「紀伊山地の霊場と参詣道」は信仰の旅路が本質で、伊勢路は庶民が一生涯の思い出として歩く旅路。近世の日記には栄えていた尾鷲のまちなみや料理に好意的な記述も残る。尾鷲のまちなかで茶をすすり、飯を食い、宿をとることも、当時の古道客の追体験の一つといえる。
 
 20周年の中井町の街道では「旗てる鈴ドン(大漁旗・てるてる坊主・風鈴・行灯)」という、これまでやってきたことの全部乗せの企画を行う。かつての祈りの道を、地域活性化の願いをこめて照らすことになる。
 
(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ