• 涼麺
  • 7月24日・8月5日
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「共生できるまちづくり」

 県内の市町別の外国人住民の割合が興味深い。木曽岬町の10.42%が図抜けていて、北勢はだいたい2~4%、県南部の多くは1%前後といったところ。紀北町の2.80%は近隣市町と比べて高く、外国人実習生の受け入れを積極的に進めてきた結果が数字に表れている。

 紀北国際交流協会が来月から毎月2回、日本語教室を開く。住民がボランティアでサポーターとなり、マンツーマンで行う形式。この取り組みが実現できれば、日本語教室空白地問題の解決策のモデルケースになり得る。

 労働力が枯渇する過疎地では、外国人材の確保は生き残るための必要条件であり、共生のための受け皿を率先してつくるのは理にかなう。双方向の異文化理解の促進、住民との交流の場にもなる。

 教室前の研修では「あいさつしてくれる外国人の家から料理のにおいがする。その料理が気になっている」という意見があった。日本語教室だけでなく、地域のイベントで料理を提供し合うような交流のアプローチも可能ではないか。

(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ