• 備えあれば
    ツキノワグマに注意
  • 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「獅子と虎」

 今年のプロ野球には、尾鷲で生まれ育った虎と獅子がいる。その獅子の方、埼玉西武ライオンズの上田大河投手が阪神との3連戦で2度登板し、ともに無失点で切り抜けた。

 2点本塁打を被弾した苦い初登板も、内容は決して悪くなかった。先頭打者のWBCの4番を務めた村上選手に粘られて四球を与えたものの、ストライク先行の攻めの投球を見せた。試合後に「本塁打を打たれた1球だけはやっぱり悔いが残る」と語っていたが、被弾後の後続は完璧に抑えている。このまま登板を重ねていけばチームに欠かせない存在になるのでは、と期待がかかる。

 虎の方、阪神タイガースの湯浅京己投手も、初登板で後にこれまたWBC4番になる吉田選手に適時打を打たれて悔しがっていたが、その翌シーズンからの飛躍は記憶に新しい。高く飛ぶためには、深く屈まなければならない。

 リーグ最下位の西武はチームの立て直しの真っ最中。阪神も優勝した昨シーズンと比べれば盤石とは言い難い。虎も獅子も活躍する機会は十分ある。

(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ