• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

不連続線「商品券事業について」

 尾鷲市のプレミアム商品券事業は1次抽選に当選した人への販売が終了。14日に再抽選を行い、残りの約530冊に124人が購入の権利を得た。商工観光課によると、売れ残りが出た場合は、外れた人を対象に3次抽選をするという。「年末の需要に向けて、早い時期に全ての商品券を市民に届けたい」としている。
 
 市はいろいろな配慮を行って、今回のような形になった。改善点はいろいろ考えられるが、例えば人が殺到して密状態ができたとか、いわゆる金持ちばかりが購入したとか、そのような問題が避けられたのは大きいのではないか。
 
 産業連関分析によると、平成27年の県平均の経済効果の係数は1.25倍という。その後の景気悪化や地域性を考慮しても1.2倍ぐらいになるのではないか。食事券を合わせて6億9000万円の商品券が動くので、トータル8億2800万円分の資金が動く計算になる。
 
 今回は国から予算が潤沢に出たが、コロナの影響は続いている。取り組みを次回に生かせるかが重要になる。1次抽選は例えば申し込み者にまず1冊ずつ割り当てるなどの方法も取り得る。今後もよりよい方策を追求してもらいたい。
 
(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ