• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

不連続線「節度ある行動を」

 先日、須賀利町の西の浜網干場で、区役員らがヘリコプターの緊急離発着場であることを示す「H」マークをペンキで表示する作業が行われた。看板はあるものの、釣り客の駐車が絶えず、有事の際に患者搬送などに支障を来すおそれがあることから、駐車禁止区域であることが一目でわかるようにするためのもの。尾鷲市の飛び地で、地理的ハンディを抱える須賀利町にとって、臨時ヘリポートがいつでも使える状態であることが、住民の安心にもつながる。

 ボートを積んだり、けん引してやってくる釣り客が多い。物揚げ場や船揚げ場など、海に向かって斜面になっている場所は積み下ろしには絶好の場所となっており、ボートを下した車をそのままに、海に出ていくという。

 残りのえさを容器ごと放置したり、ごみを捨てたりと、昔から問題があり、「ごみと糞しか残さない」ともいわれてきたが、命にかかわることは許しがたいのは当然のこと。

 マナーを守らない人ばかりではないが、「これくらいなら」の自分勝手な一部の行動が目に余ると、規制がかかるのは世の常。いつでも、楽しく遊ぶためには地元に迷惑を掛けない行動が求められる。

(J)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      10月27日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ