• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 新型コロナウイルス
    各種支援窓口

不連続線「花火とアルコール消毒液に注意」

 夏の風物詩といえば花火。当地方でも普段なら7月下旬の燈籠祭、8月の港まつり、熊野大花火大会と続く。このほかにも地区には小さいながらも花火があり、地域住民や帰省者も楽しみにしているが、新型コロナウイルス感染症の影響で、軒並み中止となっている。

 そんな中、量販店で販売されている家庭用の花火の売れ行きが好調で、昨年より3割増えているところも。「子どもに花火を見せたい」という親子から人気とか。

 家庭用の花火といえば、子どものころに両親にやってもらったし、中学や高校の時には仲間と砂浜で、子どもが小さいころに庭先でよくやった。大きな花火が怖くて泣きだす赤ん坊でも、手持ち花火なら笑顔満面。花火の光に浮かび上がる笑顔は印象的で今も目に浮かぶ。

 全米安全協議会は「手指消毒液の60~70%が可燃性のアルコール」と指摘、引火のおそれがあるとして、花火と消毒液の危険性を警告。花火の際は石けんによる手洗いを推奨している。

 マスクの着用と同様、消毒や除菌は当たり前となり、感染防止にはとても大切だが、楽しむための花火が事故につながっては元も子もない。十分気をつけて楽しい夏の思い出づくりを。

(J)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ