• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 新型コロナウイルス
    各種支援窓口

不連続線「ごみの持ち帰り」

 「来たときよりも美しく」。海水浴をはじめ、キャンプ、釣りなど年間を通して行楽客が訪れる尾鷲市三木里海岸。これまでも暗にごみの持ち帰りを呼び掛けてきたが、今年からはこれまで海水浴シーズンに設置してきたごみ箱の設置を取り止めた。新型コロナウイルス感染症も考慮してのことで、ごみの持ち帰りを積極的に呼び掛けていく。
 
 ごみ持ち帰り運動の発祥の地は尾瀬とされる。山岳地帯の尾瀬が登山者の捨てるごみで、自然破壊されるのを危惧した関係機関によって1972(昭和47)年から始まり、以後全国に広まったが、マナーの悪い観光客に悩まされている観光地も少なくない。
 
 シーズン後の三木里海水浴場で、自ら進んで砂浜のごみを集めてくれた家族連れがいる一方、あるキャンプ場で「ごみは持ち帰ってください」と言われたキャンプ客が、「ならその辺に捨てればいいの」と返したとか。開いた口がふがらない。
 
 ポイ捨ては立派な不法投棄で、ごみを捨ててはいけないことは子どもでも分かること。気に入った場所であればあるほど、また気持ちよく来られるようにきれいにしたい。そんな思いが一人でも多くなることを望みたい。
 
(J)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ