• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 新型ウイルス関連
    延期・中止のイベント

不連続線「臨時交付金の活用」

 紀北町の新型コロナウイルス感染症の経済対策が議会の全員協議会で示された。一部の議員から対応の遅さを指摘する声に、尾上町長は「感染症予防と経済支援は分けて考える必要がある」。国や県の対応、他の市町の施策を参考にしながら対策を決めた感がある。
 
 紀北町は約1億1000万円の国からの臨時交付金に、一般財源から同額以上の予算を用意して総額2億4000万円を計上した。近隣市町と見比べると町長の「今できる最大限の対策」の言葉通りではないかと思う。全世帯に1万円を配布する商品券のほか、水道料金の減額や子育て応援給付金で生活を支える。協力金の業種の拡充や、農林業への支援といった議員の指摘ももっともで、予算との兼ね合いや補助金の活用次第になる。
 
 尾鷲市も水道料金の減額や子育て世代への給付金を行い、5500万円ほどの予算を見込んでいる。財源の問題もあるが、紀北町や熊野市と見比べると見劣りがする印象は否めない。加藤市長は市議会の全員協議会で「長引けば追加の対応が必要」との認識を示した。予算はどうしても限られるが、その中で行政が市民にどう寄り添うか、非常に注目している。
 
   (R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      5月30日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ