• 備えあれば
    ツキノワグマに注意
  • 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「大相撲面白くない」

 大相撲夏場所は26日に千秋楽を迎える。優勝争いは混とんとしている。3敗で並走する大関琴櫻と新小結大の里のどちらかが賜杯を手にしそうだが、4敗の5人にも優勝のチャンスがある。

 大の里は新入幕から3場所連続の2桁白星を達成し、三役で3場所33勝という大関昇進の目安の起点もつくった。この勢いで大関に昇進し、待望久しい日本人横綱誕生の期待も膨らむ。ただ、先の未成年力士との飲酒問題が後を引き、今場所の活躍を素直に喜べない。

 それよりも興味をそがれたのは横綱、大関陣のふがいない相撲内容。1横綱4大関全員が初日に総崩れし、全員の白星がそろう日がないまま1横綱と大関2人が休場。霧島は大関から陥落した。

 相撲人気は中高年に支えられている。「憎らしいほど強い」と言われた北の湖を知っている世代だ。勝って当然の地位にある横綱、大関がさすがの相撲で土俵を締めてこそ、相撲協会の看板を背負う責務を果たしているといえる。今は地位の重みも何もない単なる興行になっている。

(N)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      6月20日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ