• 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「影薄い父の日」

 5月12日、読者のお宅でも直接もらったり、離れて暮らすお子さんからプレゼントが届いたのではないだろうか。そう、言わずと知れた「母の日」。プロ野球も選手、審判共にピンクのアイテムを身に着けて試合に臨んだ。一目で「母の日仕様」と分かる。
 
 それに引き換え「父の日」は影が薄い。まず6月第3日曜日であることを知らない人が多い。筆者も覚えていないし、毎年の母の日と違い、数えるほどしか贈り物をもらった記憶がない。プロ野球も「父の日企画」はないだろう。
 
 時に命がけで出産する母は、コミュニケーションも父親に勝る。子どもの教育は母親任せの父親が多かった昭和40年代までは、プレゼントを贈る習慣さえなかった。カーネーションのような象徴的な贈り物がないのは歴史の違いか。
 
 母の日との格差も仕方がないと認めるが、父の日も母の日も子どもが親に感謝する日。「感謝の日」と一つにまとめてはどうか。家族の絆を強め、父、母を問わず親への感謝を平等に表現する。それでいいではないですか。
 
(N)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ