• 本宮祭
  • 4月15日まで
    春の全国交通安全運動
  • 2024年人事異動
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

紀南抄「お燈祭りに思い馳せる」

 世界遺産・神倉神社で6日、斎行(さいこう)された「お燈祭り」。4年ぶりに上り子(のぼりこ/あがりこ)が参加する従来の形で行われたが、大きな混乱もなく、無事に終了できたとのことでホッと安堵している。
 
 荒々しい祭りといわれたのは昔、今は迷惑行為を行う人はほとんどいないよう。私は阿須賀神社で待機していたが、カメラを向けると皆さん親切丁寧に対応してくれた。日ごろお世話になっている人や同級生、懐かしい顔ぶれなどたくさんの人の笑顔を見ることができてとてもうれしかった。
 
 当日や翌日には、多くの上り子がSNSで祭りの様子をアップしていて、上る前と下りてきた後しか知らない女性陣にとって、今まで分からなかった山上での様子も一部垣間見ることができるようになった。想像以上に熱気があって、熱そうというのが感想。
 
 夜になって麓から山上の方を見上げてみると、まるで山が燃えているかのようだった。あの炎の中で男性たちの情熱も一緒に燃えているんだなあと、思いを馳(は)せながら見つめていた。お燈祭りが終わると、紀南地方は間もなく春を迎える。
 
【織】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ