• 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「クジラがもたらしてきたもの」

 漂着したマッコウクジラの写真を撮りに、島勝浦の船越海岸を歩いていると、やけにこんもりとした塊があるのが遠目からでも確認できた。クジラが大きいのは当たり前だが、目の当たりすると生物として規格外の大きさだと実感する。より近くで写真を撮ろうとしてつるりと滑り、付近の岩に白い脂が飛び散ってこびりついていることに気付いた。
 
 島勝浦は江戸時代鯨漁が盛んだったと聞いており、白浦には母子鯨の伝説もある。あの膨大な肉と脂を見て、骨や皮、ヒゲ、歯に至るまで余すことなく利用できる。打ち上げられたクジラはかつては福音で、集落総出での解体作業の後で収穫を祝う宴でも開いているのかも知れない。
 
 クジラは完全に打ち上げられており、船やクレーンが入り込むのは難しい。腐食が進む巨体ではロープでの牽引もできるかどうか。解体して運ぶにしても海岸からの距離と脂で滑る岩場では作業は難航しそう。頭を悩ませる種ではあるが、海とともに生きてきたまちの証左ともいえる。
 
(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      5月29日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ