• 備えあれば
    ツキノワグマに注意
  • 介護特集 みんなで支え合う
  • 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「尾鷲市議会の申し合わせ」

 先だって尾鷲市議会の議会運営委員会、全員協議会が開かれ、申し合わせ事項について協議した。「文書から削除はするが配慮を」ということなら、残しておいてもよかったのではと感じる。

 特に気になったのは、議選監査委員が「委員長を兼ねてはいけない」という決まりの削除に関する話題。現状が申し合わせに抵触しているということが見直しのきっかけになったようだが、監査対象である予算事項の審査を主体となって進めるのはいけない、というのが決まりを作った理由なら、変えない方がよい。全員協議会で内容を変える提案があった時に、「消すか、残すか」とい2択になったのも違和感があった。先に行われた議運で方向性が決まっているからだろうが、議論する時間はあった。

 文書からは削除となったが、終了後、議会運営委員会委員長から、監査委員は正副委員長にならないよう配慮を求める発言があった。「ゆるやかな決まり」の必要性は認めるが釈然としない。権限の分散や不正防止に役立つ決まりは明確にしておくほうがよい。

 

(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ