• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 求人広告(7月12日掲載分)
  • イベント情報

不連続線「110番と118番」

 1月10日は「110番の日」。毎年この時期に警視庁・各道府県警が適正利用を呼び掛ける啓発活動を行っている。三重県警によると、昨年1年間に受理した110番通報は9万650件。人口が177万人余りなので、約20人に1人が通報したことになる。受理したうち1万2483件は、緊急でない要望・苦情や照会という。また、県内でも「終電に乗り遅れたのでパトカーで送ってほしい」といった、聞いてあきれる通報もあるようだ。緊急でない通報が多くなれば、緊急対応が遅れる可能性がある。一人一人が注意したい。
 
 110番や119番に掛ける機会はなかなかない。「落ち着いて通報を」と言われても、緊急時にはその余裕がないことがほとんど。
 
 ある尾鷲署員は「110番通報が適切な内容も、加入電話にかかって来ることが多い印象」と話す。地域性もあるのかもしれない。「110番通報の方が、聞き取りも適切で初動が早いケースが多い」とのこと。
 
 一方、海上保安庁の118番。「海のもしもは118」と啓発しているが、まちがい電話などが9割を占めているという。海保用の緊急番号があることもぜひ知っておいてほしい。
 
(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      8月12日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ