• 2024年人事異動
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

紀南抄「分かるが分からない」

 会話で「分かった?」と聞かれると、いつも返答に困る。私としては分かったつもりではいるが、言いたいこと全てを理解しているはずはないし、分かっていないとしたら、分かっていないことも分かっていない。分かった部分も分かったつもりになっているだけの部分もあるだろうというのが本心だが、それを言っても始まらないことも分かっているので、返答に困る。困る私を見て相手は「分かっていないな」と思うのだろう。

 夏目漱石は「草枕」で「智(ち)に働けば角が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」と打ち明けている。まったく同感。人格者とは、全く何にも執着がない人なのだろうか。しかし、それって人としてどうなのだ。人間性の棄却が悟りの境地なのか。うむ、分からぬ。仮に分かったとしても、分かったような気になることを拒んでいる以上、それをもって「分かった」と手を打つこともできぬ。

 一つ分かったような気がするのは、何も考えず「分かった」と言ってしまえる人間の方が、おそらくモテるということだ。

【稜】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ