• 第66回水道週間
  • 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「かつての学び舎にて」

 旧三木里小でピアニストの中村天平さんのコンサートがあった。想定以上に聴衆が集まり、講堂は満員御礼。演奏がすばらしかったのはもちろん、この日はよく晴れていて、開演前にわいわいと大勢の人でにぎわうかつての学び舎は、心に響くものがあった。
 
 中村さんの「こんな校舎で育ちたかった」という言葉には同意できる。小さなまちの、昔からある学校には、古びた校舎や設備が醸し出すレトロ感なのか、地域の中心として多くの子どもたちを育ててきた歴史の積み重ねがにじむのか、得も言われぬ魅力がある。
 
 移住や誘客を議論する時、「こんなまちに何の魅力があるのか」という言葉を聞く。魚、林業、自然と根拠を挙げても「本当に魅力があれば人は減らない」という現実がつきつけられる。
 
 中村さんは日本全国ツアーの千秋楽に熊野古道センターを選んだ。世界で活躍するピアニストが紀伊半島に魅せられてツアーを続けていて、小さな講堂でコンサートを開いたのも、れっきとした事実。このまちに人をひきつける何かがある。
 
(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      6月14日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ