• 第66回水道週間
  • 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「『ブーメラン』という批判」

 政治資金規正法の議論がやっと始まった、と思ったら政治資金パーティ禁止を訴える立憲民主党の幹部がパーティを予定していることが取り上げられた。当初、「法案は施行までの間のパーティを禁止するものではない。経過措置は当然必要だ」などとしていたが、一転して幹部はパーティを取り止めることになった。

 自民党の支持率が落ちても立民の支持率が上がらない大きな理由は、時には「議員辞職だ」などと厳しく与党の不誠実を追及するものの内部で同じようなことをしている議員がいること、身内の不祥事への処分が国民から甘いとみられていることにあるだろう。他者を厳しく批判すればそれが自身に返ってきている。

 今回の問題は、自民党の派閥のパーティ券収入の一部が、適正な経理処理をせずに裏金的になっていたことに端を発している。「企業・団体献金を受け入れることにつながる。禁止にしよう。私たちも今後はやらない」というような言い方をしていれば、「ブーメラン」との批判を受けなかったのではないか。

(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      6月14日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ