• 本宮祭
  • 4月15日まで
    春の全国交通安全運動
  • 2024年人事異動
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「若者の意見」

 紀北町は昨年秋から3回、若者らを集めて「きほく交流会」を開いた。次回の総合計画策定に向け、若者の声を取り入れようとする取り組みだが、まじめな提案はもちろん、そこから離れて意見交換が盛り上がっていたのが印象的。

 天下国家を語るではないが、将来の見通しや構想を語り合う機会というのはあまりないのではないか。また、話し合う場があったとしても、どうしても当面の困りごとや課題を解決することを考える、各論的な話し合いになってしまいがち。

 昔から「三人寄れば文殊の知恵」と言われる。自分にない発想で、課題解決につながることもある。違う仕事をしている人との話す機会は、若者に限らずどの世代でも重要だ。

 尾鷲市長は昨年から、中学生との対話会を始めた。今年も近々行われる予定。また、先だって議会で、以前から検討課題になっていた子ども議会を、市制70周年に立ち上げようという話が出ていた。自由な発想を「どのように取り入れていくか」を含めて、若者の語らいの場が増えることを期待する。

(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ