• 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「明るい祭り」

 4年ぶりの八幡祭りの道中踊りは晴天に恵まれた。魔を払うという長刀振で「よいしょ」と声が掛かる度に、心の中の澱(おり)が溶けていくような、そんな感覚があった。また一つ、尾鷲がコロナ禍を乗り越えた証を積み重ねたと言える。

 新型コロナウイルス感染症の5類移行から風向きは完全に変わったが、3年以上のブランクを埋めながら、人を集め、神事の準備をし、踊りの練習を重ねなければならない。結果として祭りは4年前と同じようににぎわい、雰囲気も上々だったが、祭りの関係者やそれぞれの町がよく対応したからこそ。

 快晴に恵まれたのは良かったが、高い気温と強い日差しで、体感は完全に真夏。この暑さが今年だけとは限らない。日程や時期は祭りのアイデンティティにも関わる。過疎化が進む中、各町の手踊りがいつまで維持できるかどうか。

 課題があるということは、未来があるということでもある。見物客の「本当によくやってくれた、ありがとう」という言葉にうなづく。祭りは、やはりまちを明るくする。

(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ