• 夏を感じる麺特集
    涼麺
  • 土用丑の日
    7月24日・8月5日
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「待つことはできる」

 尾鷲が最も美しいのは、雨上がりの晴天だと思う。激しい雨に洗い流された空気は澄みきり、雨粒に濡れたまちなみや山がきらきらと輝く。

 18年ぶりのリーグ優勝を果たした阪神タイガースの歓喜の輪の中に、背番号65、湯浅京己投手がいた。チームの柱として大きく期待されたものの、コンディション不良とけがに苦しむシーズンとなった。「素直にうれしいが、ほとんど力になれなかった悔しさが大きい」との言葉は偽らざる本音だろう。

 湯浅投手の座右の銘は「雲外蒼天」。雲をつきぬけた先に青空が広がっていることから、「努力して困難を乗り越えれば明るい未来がある」という意味。投手人生はまだまだ長く、雨の日もある。一番悔しいのも、苦しんでいるのも、先を考えているのも当人だろう。

 昨シーズンやWBCで見せてくれたあの快晴のような活躍は、色あせることはない。特に力になれそうなことは見つからないが、きっとまた、雲を突き破ってすばらしい活躍を見せてくれる、それを信じて待つくらいはできる。

(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      7月18日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ