• 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「空き家の処分」

 尾鷲市中井町の老朽化した建物の「特定空家」としての解体工事が始まった。今にも壊れそうな建物で、住民だけでなく観光客からも対応を求める要望が市に届いていたという。

 少子化と過疎化で地域では空き家が増えている。せっかくのマイホームだが、子どもが地域外に働きに出た後、自分が高齢化し、子どもの家で暮らすようになったり、施設に入ったりすると、空き家になる。古い空き家を大規模に改修して使う取り組みや空き家バンクによるあっせんが進んでいるが、今後、空き家が増えることが見込まれている。

 家が空き家になっても、利便性のいい場所では借り手が見つかることもあるだろう。人口減少が著しい地方、そして災害リスクの高い場所は敬遠される。新たな利用の見込みがない場合、費用は完全に所有者の負担となる。空き家が存在することで生じる問題が認識されたため、補助制度もできているようだが、やはり負担は大きい。今後、一層社会問題になることは避けられないだろう。

(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ