• 結核予防週間
  • 秋の全国交通安全運動
  • 9月は防災月間
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「夏へ募る不安」

 ゴールデンウイーク中、尾鷲市三木里海岸で松の落葉などおよそ20平方メートルが焼けるぼや騒ぎがあった。市営住宅に近い堤防沿いの砂浜で、小さな松7本も地面に近い幹の表面に焦げた跡が残る。
 
 地元の人によると、キャンプをしていた外国人グループがバーベキューで使った炭をそのままにして帰り、延焼に気づいた別のキャンパーが近くの沓川から水を運んで消したという。
 
 堤防沿いには市指定天然記念物を含めた松林があり、民家が密集。幸い飛び火はなかったが、これから夏に向けて不安は残る。
 
 全てとは言わないが、残飯を放置したり、むやみやたらに車を止める輩も。あまりの悪態に国道沿いの空き地は立ち入り禁止のロープが張られ、看板が並ぶ。
 
 海岸や河川は公共空間で、誰もが自由に使える「自由使用」が原則だが、区域を指定してキャンプやバーベキューなを規制している自治体もある。基本はキャンプ客のマナーだが、禁止しないのであれば、何らかの手を打たないと、取り返しのつかないことになりはしないか。
 
(J)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ