• 備えあれば
    ツキノワグマに注意
  • 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「急な暑さ」

 晴れると暑さを感じる時期になってきた。先週17日、18日は場所によっては初夏を通り越して夏本番の気温となった。県内でも17日に松阪市粥見で最高気温が34.5度まで上昇した。
 
 この時期は熱中症が増える時期でもある。日陰にいて、風が吹いていると汗がすっと引く。感覚的にはそれほど暑さを感じなくても、体内の水分が減っていることが考えられる。
 
 熱中症の症状の一つに「こむら返り」がある。足がつるのが典型的。何もしていない時に足がつって水分不足を意識することもある。「のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分・塩分などを補給する」ことが、予防の第一歩になる。
 
 厚生労働省によると、高齢者や子ども、障害のある人は特に注意が必要という。とりわけ、搬送される熱中症患者のおよそ半数が65歳以上というデータある。
 
 2週間気温予想をみると、当面、暑さは収まり平年並みになる見込みだが、最高気温が25度を超える夏日が増えてくる。予防法や対策などを再確認し、夏本番に向けしっかり準備をしておきたい。
 
(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ