• 本宮祭
  • 4月15日まで
    春の全国交通安全運動
  • 2024年人事異動
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「しっかり説明を」

 尾鷲市議会で「尾鷲市放射性廃棄物等の持ち込み拒否に関する条例」の話題が突如出てきた。一般質問で話題になっていたが、唐突と感じた市民が多いと思う。具体的に、核廃棄物がこの地域に持ち込まれそうだという話も聞かない。

 何年か前、いわゆる適地とされる場所の大雑把な地域が示されたが、沿岸一帯が「適地」になっていて、参考にならないと感じた。提案者の中村レイ議員が自ら指摘したように、紀伊半島は地震リスクが大きい。

 放射性廃棄物を持ち込まないことには賛成だが、議会運営委員会でも指摘のあったように、提出された条例案は十分に検討されたものには思えない。条例として定めるなら十分な説明と内容についての合意形成が必要であることは、当局提案のものと同様だろう。

 議会は、いろいろな意見を踏まえて合意形成する場である。聞くべき意見を取り入れ、修正を繰り返していくのが本来の形だが、国政も含めて「賛成か、反対か」と対立構造になっているのは残念。「議員であるからこそ反対意見に耳を傾けるべき」という声を聞いた。しっかりした議論をして結論に至ってもらいたい。

(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ