• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 求人広告(12月13日掲載分)
  • イベント情報

不連続線「新型コロナへの対応」

 新型コロナウイルス感染症の新規感染者が再度増えつつある。県内では10月第3週を底に、1週間前に比べて1.2倍から1.3倍の新規感染者がいて、尾鷲市や紀北町でも一日に10人を超える日も散見されるようになっている。
 
 現在は、厳しい行動制限がかけられているが、感染症法での分類を、結核などと同じ「2類」相当から、季節性インフルエンザと同じ5類に引き下げる議論が始まる。
 
 2類相当では、受診・入院を受け付ける医療機関が限られるが、5類になると発熱外来に限らず幅広く一般医療機関で受診できるようになる。一方で、行動制限などはなくなり経済活動の回復につながる面もあるが、感染拡大を引き起こす懸念もある。また、現在は全額国費となっている費用負担が生じる。検査や治療にどれだけの費用が掛かるのかも公表してほしい。
 
 インフルエンザに比べて、新型コロナはまだまだ分からないことが多い。国産の治療薬もできたが、感染予防につながるワクチンがないなど不安もある。引き下げられると医療費負担も生じる。経済は大切だが、過度にとらわれることなく、慎重に議論してもらいたい。
 
(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ