• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 求人広告(12月13日掲載分)
  • イベント情報

不連続線「港市の意義」

 海・山こだわり市が3年ぶりに再開し、引本の魚市場はにぎわった。海の幸を生かした港市でも地域性や成り立ちによって性格が異なってくるのは興味深い。

 尾鷲港のイタダキ市は色濃く漂う海のまちの雰囲気が魅力的。交通アクセスも良く、優良な観光資源となる可能性を秘めている。

 こだわり市は3か月に一度ということもあり、お祭り的な要素が強い。1次産業者から成る実行委員会だけあって農作物も多く、ステージイベントや縁日など買い物や食事以外でも楽しめる。

 きいながしま港市の海の幸を生かした商品の種類の多さは眼を見張る。コロナ禍でも状況をみながら開いており、昨年の年末港市といい、夏の燈籠祭といい、長島というまちに苦境にあらがう力強さが感じられる。

 港市に限らず、イベントの集客には多くの事業者の参加が不可欠だが、事業者が出店するためには多くの来場者の担保が必要で、この矛盾の解決は難しい。

 イベントは地域で育てていく必要があり、コロナ禍を経て再開した企画と、それに参加する事業者は地域の財産と言っても過言ではない。住民が近くのイベントに積極的に足を運ぶことが、地域活性化の後押しになる。

(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      2月 1日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ