• 2024年人事異動
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「高校生の提案」

 尾鷲高校生が地元の課題の解決策を考える「まちいく」の発表を、毎年興味深く聞いている。今年は尾鷲市が熊野古道、紀北町が魚まちで、ともに観光誘客の要の一つで、保全や維持に課題がある。可能性と不安を抱える良問といえる。

 熊野古道でのトレイルランの実施は、愛好家から注目を集めている尾鷲トレイルとの連携に可能性を感じる。駅前の露店では山梨のフルーツを生かしたキッチンカーの参考例に対し、加藤市長が「尾鷲で力を入れている甘夏は使えないか」と提案する一幕もあった。

 魚まちのグループのうち、「漁師よりも漁師」のキャッチフレーズはインパクトがあり、レトロな体験をイメージしたプランには可能性を感じる。愛知県犬山市には明治村、岐阜県恵那市には大正村もあり、三重県にインバウンド客を念頭に昭和を全面に押し出した観光地づくりは有効かもしれない。きほく交流会で「夜の飲み屋がない」という意見があったこともあり、町を巻き込んだ定期的なバルの需要はあるのではないか。

(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ