• 涼麺
  • 7月24日・8月5日
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「バブル後最高値に思う」

 19日の東京株式市場の日経平均株価の終値は前日から234円42銭上がって3万808円35銭。バブル景気時代の1990(平成2)年8月以来、約33年ぶりの高値水準という。株価だけを見ると「景気がいい」のだろうが、この地域ではそのような実感はない。

 かつては、尾鷲とか熊野のような、地域の都市にも大手企業の拠点があり、一定程度の人員が働いていた。道路網の整備で行き来の時間が短縮されたことや、ITの発展などの背景もあるが、不況が長く続く間、合理化の名の下に地方の拠点を次々と縮小させた。仕方ないことだが、多くの事業は地域に顧客がいてこそ。悪循環を生み地域の疲弊を深刻にさせたのではないか。

 一方で、地方回帰の動きもある。大企業が、次の事業発展の種を地域の課題解決に求めつつある。また、コロナ禍で取り組みが進んだテレワークやワーケーションが定着するかも重要。

 拠点の撤退や合理化でサービスが低下している面もある。地域が持続するために企業にも求められるものがある。

 

(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ