• 本日の新聞広告
  • 求人特集
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 台風で延期
    各地の花火大会、日程変更

不連続線 8月17日付

 台風10号がお盆休みのUターンラッシュを直撃した。ノロノロ台風のおかげで当地方でも川遊びや海水浴に出かけられず、残念がっている子ども連れの帰省客も多かったことだろう。

 尾鷲の精霊送りも台風の影響で16日に順延となった。15日と決まったお盆の行事が日延べしたことで、1日余分に尾鷲に残らなくてはならなくなった初盆の帰省客も少なくなかった。どこへも出かけられず、少々退屈したかもしれないが、ふるさとの温かさに包まれて、肩の荷物がふっと軽くなる思いを味わったはずだ。そして英気を養ったのではないか。

 その先祖供養の風習は生まれ育った実家に集い、祖父母らと一緒に墓参りをしてお盆の食卓を囲む。先祖を供養するだけでなく、祖先以来、何千年、何万年も続いてきた今の自分の命に心から感謝し、今を生きている自分の姿を顧みて「どう生き抜くべきか」を考えるよい機会である。先祖を大事にすれば郷土愛が深まる。郷里を離れて何十年経っても、親兄弟がいなくても、生まれて育った土地はふるさとに違いない。

 お盆は単なる夏の大型連休ではない。先祖と親密に共存していることを確認する時である。

(N)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ