• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 求人広告(12月13日掲載分)
  • イベント情報

不連続線「自然体験教育に思う」

 矢浜小で森林環境教育と木育推進事業が立て続けに行われた。校内で学んだ間伐を数日後に山で実践するという豪華な取り組みになった訳だが、森林環境教育はコロナによる臨時交付金を活用したもので2つの事業に名目上に関連はなく、偶然が重なった結果とは聞いている。ただ、これはあながち運が良かった、と片付ける話でもない。
 
 そもそも、尾鷲は自然体験教育が盛んだ。木育、川育、海育の3連続の「おわせ育」が評価を受けたことは目を引くが、ヤマネ学習や木工体験、魚市場見学、干物づくり体験などさまざまな取り組みが元々ある。これは関係者が長年創意工夫を凝らしてきた積み重ねであり、一次産業の担い手不足への不安の裏返しでもある。
 
 尾鷲での自然体験教育の根底にあるものとして、とにかく手をかけた結果として非常に良質な材木ができるという尾鷲ヒノキ林業の特性と関連づけられるのではないか。これは人間教育にも通じるところがある。継続に実施していくためには誰がどう担っていくかが課題だが、自然体験教育はぜひとも今の姿勢を続けてほしい。このまま育っていけば、尾鷲の大きな財産の一つになり得る。
 
(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      2月 1日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ