• 本日の新聞広告
  • 求人特集
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄「ながらスマホに厳罰化」

 和歌山県と三重県で1日から交通安全運動が始まっている。10日までの10日間、交通事故ゼロを目指し、啓蒙活動や取り締まりが強化される。紀宝署で行われた「年末の交通安全県民運動」と「年末特別警戒」の合同出発式にお邪魔した。紀宝町立鵜殿保育所の園児9人が参加し、交通安全の約束を元気いっぱいに暗誦し、パシフィックマーケット「主婦の店」での啓発活動にも参加。啓発グッズを手渡すと、受け取った大人の反応も上々。「まぁ、かわいい。ルールを守って安全運転に努めます」と返していた。

 子どもを巻き込む交通事故が絶えない。子ども自らの啓発には、受け取る側の大人の印象もガラッと変わるのでは。「この子たちのために安全運転を心掛けよう」と心に期している様子が伝わってきた。

 1日から改正道交法が施行され、運転中にスマートフォンを使用する行為などに対する罰則が強化された。運転中のスマホ使用に関する交通事故件数が増加したためだ。警察庁は「ながらスマホ」は重大な交通事故につながり、危険であると注意を呼び掛けている。

【茂】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ