• 本日の新聞広告
  • 求人特集
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄 「~かもしれない運転」の励行

 北山村議選の取材の帰り道、国道169号の3か所でシカに遭遇した。山間部を走る道路だけに普段から動物が出るのは珍しくないが、このうち1頭は走行車線のど真ん中に佇み、かなりヒヤリとした。ライトをハイビーム(上向き)にしていたため、少し手前で気づくことができたが、下向きだったら避けきれず衝突していたかもしれない。シカの方はさほど驚いた様子ではなかったが…。
 
 1日から和歌山、三重両県で交通安全運動が始まった。先日、新宮市内では早朝のまだ薄暗い時間帯に、歩行者が車にはねられ死亡する事故があったばかり。早朝だけでなく、夕方も暗くなるのが早くなっており、早めのライト点灯が事故防止につながる。
 
 年末にかけて交通量も増えてくる。また、日常生活の慌ただしさから、気持ちにゆとりのないドライバーがいるかもしれない。こうした少しの要因で交通事故は発生する。先述のシカの話ではないが、「もしかしたらいるかもしれない」という気持ちで走行していたため、対応することができた。やはり、「~かもしれない」運転の励行が大切だ。
 
 【F】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ