• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄「台風19号に備えを」

 台風19号が日本列島向かって進んでいる。予報では、今週土曜日に紀伊半島に最接近しそうで、今のうちからでき得る対策を行っておくことが大切だ。進路予想図を見ると、このままだと東海から関東に上陸する可能性があり、先月の台風15号で甚大な被害を出した千葉県などは復旧の真っ只中にもかかわらず、新たな台風の襲来を受けることになりそう。傷んだ住宅は仮補修のものが大半で、心配でならないと思う。
 
 今年最強クラスというのが厄介。もともと9月以降に接近・上陸する秋台風は、夏までの台風に比べて勢力が強く大きいのが特徴だが、その時期についても年々遅くなっている気がしてならない。一昨年、新宮市内で多数の浸水被害が発生した台風21号も10月中旬以降だった。
 
 地球温暖化が台風発生にも影響を与えているのは確かで、今後も異常発生や巨大化という事象が続くかも知れない。一方で、予報技術は進歩し、台風の動きをほぼ正確にとらえている。以前のように「台風がそれました」というようなケースはまずない。事前の備えに力を注いでほしい。
 
【F】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ