• 本日の新聞広告
  • 求人特集
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 台風で延期
    各地の花火大会、日程変更

紀南抄「地区の伝統芸能後世に」

 紀宝町の無形民俗文化財に指定されている「ほうき踊り」など、昔踊りを披露する井田観音盆踊り大会が9日夜にあった。実行委員会によると、盆踊りは全国的には8月15日を中心に行われる中、井田地区では9日の観音盆踊りを皮切りに、14日の茶屋地地区、15日の各地区を経て、かつては19日の横手地蔵の踊りおさめ(現在は行われていない)に至るまで、盆期間中にぎわいが続いていた。
 
 ほうき踊りは珍しく、この日も報道各社が取材に訪れるなか、前地敏久実行委員長は、地区の伝統芸能を次世代に伝えていく必要性にも言及。かつては学校の郷土学習で教えたこともあるが、最も”教材”となるのはこの盆踊り。子どもらは踊る様子を見るだけでなく、輪に加わったり、歌い手「くどき」の生歌による「甚句」に挑戦したり、体で感じ取っていた。皆笑顔で、好奇心旺盛な様子が伝わるほど、アットホームな雰囲気の盆踊りだった。
 
 こうした小さな集落の催しを継続していくにも少子高齢化がハードルになることも。小さな力を結集し、受け継いでいってほしい。
【F】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ