• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 高校野球速報
    串本古座高校
  • 高校野球速報
    木本高校

紀南抄「地区の伝統行事続けて」

 先日、紀宝町神内地区で虫送り行事を取材したが、神仏合同の形式は全国的にも珍しいという。初めに神内神社で神事を行ったあと、神内会館前で善光寺の関係者と合流。一行は神内小学校近くの水田脇にある「逢初(あいぞめ)ノ森」に移動し、神事と仏事の順に営んだ。住職が神事で玉串をささげ、宮司が住職の読経の中、1740年に建立されたという「妙法華塔」に手を合わせた。
 
 水田の害虫を駆除し、五穀豊穣(ほうじょう)を願うのが虫送り。農業が盛んな地域の多くで行われている年中行事。熊野市紀和町の丸山千枚田でも先月行われたが、ここでは関係者のみならず毎年多くの写真愛好家や見物客が訪れる。千枚田を観光資源の一つとして打ち出している市が積極的にPRしているからだ。
 
 一方で、神内地区の虫送りはひっそりと厳かな雰囲気の中で進んだ。どちらもそれぞれ特色があってよいと思う。
 
 こうした地区に伝わる伝統行事をこれから若い世代にどのように受け継いでいくのか。どの地区も抱える悩みだが、何らかの形で行政の支援が必要なこともある。
 
【F】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      あづま寿司

      ニュースカレンダー

      お知らせ