• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 新型コロナウイルス
    各種支援窓口

不連続線「緊急地震速報」

 7月30日午前9時38分、電話対応中に緊急地震速報のけたたましい音が鳴り響いた。揺れに身構えたが、しばらくしても揺れが来ない。ネットにつないでも地震速報もなく、数分後に誤報と判明。関東地方でも被害がないようで、胸をなでおろした。
 
 東海地震や東南海地震が「いつ発生してもおかしくない」と言われている。意識はしているつもりだったが、体が固まってしまった。警報音にパニックになった人も多いのではないか。
 
 ネットを見ると、過去の地震で警報音がトラウマになっている人もいるよう。気付いてもらうことが重要だが、音を変更するなど、対応が必要かもしれない。
 
 南海トラフのエリアで大規模地震が発生した場合、緊急地震速報は間に合わない可能性が高い。揺れてから音がなるか、音とほぼ同時に揺れ始めるか。先日、天満荘で「夜しゃべ」があった時に、津波避難に関する研究の資料が配布された。どこに、どのように逃げるかを把握しておくことが迅速な避難につながる。高さを意識することも重要。流されないと思われる頑丈で高い建物が地区にある場合、そこに避難させてもらうことも考えた方がいいだろう。
 
(M)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ