• 備えあれば
    ツキノワグマに注意
  • 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

紀南抄「主張は言葉に隠す」

 本当に言いたいことは、言わなくていいことに紛らわせて書くのがよい。
 
 例えば「戦争は人殺しを容認するものだから反対だ」という意見を言いたいとする。しかしそれを真っ向から書くと、少しテーマが重たくて読む側にも気合いが必要になる。読み手にあまり多くを求めてしまうと、読んでもらえる確率が下がる。確率が下がれば、言いたいことを言い切れた文章でも、読む人の数が少なくて結局はほとんど伝わっていないのと同じになる。
 
 ではどうするか。本当は言わなくていいけど読み手が受け取りやすいことを主題に置き、本当の主張はサブテーマとして織り交ぜる。例えば「殺人にはいろいろな種類がある」と書き始め、テーマを「殺人の種類」にする。そのうちの1つとして「戦争」を持ち出し「しかしこれは人殺しを手段として容認するようなものだから、私個人としては反対だ」とする。これなら自然に主張を伝えられる。木を隠すなら森の中だが、主張を隠すなら主題の外だ。
 
 ただ一番の問題は、この文章は言いたいことを思い切りそのまま主題に据えてしまっているという矛盾である。
 
【稜】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      6月20日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ