• ヤーヤ祭り 写真特集
  • お燈祭り 写真特集(下)
  • お燈祭り 写真特集(上)
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

紀南抄「オリジナル」

 誰も見たことがないような表現をしたいような気がする。しかし同時に、そんなものは誰にも受け止められないとも思う。人が何かの表現を受け止められるのは、獲得した経験や感性の中で少なからず共通するものを見つけられるからだ。人は社会に影響を受け、また与えながら表現を行っている。完全な”オリジナル”があるとしたら、それはそのような文脈を無視した、アナーキズムにも通ずるある種のやけくそである。

 例えば、誰も書いたことがない文章を書いたとする。しかし用いた言語はオリジナルではない。ではオリジナルの言語を用いたとする。しかし言語という観念は元からあるものだ。では言語を飛び越えたオリジナルの表現方法を作ったとする。その場合は、表現行為という観念を逸脱できていない。

 このようにこだわるのは、私には「他と同じではいやだ」という幼稚な欲求があるためだ。しかしその欲求はどこにでもあり、「他」という相対的な価値観からは脱却できないものだという矛盾も抱えている。端的な真実は、皆それぞれ同じ人であり、それぞれ違う人であるということだ。

【稜】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ