• 「お燈祭り」
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 求人広告(12月13日掲載分)
  • イベント情報

紀南抄「早速イチゴを食す」

 クリスマスを前に早くもイチゴが出回り始め、早速無人市場で購入した。まだ出始めなのでさっぱりフレッシュな味わいだが、大粒のイチゴをおいしくいただいた。イチゴは露地物が5月ぐらいまで食べられるので、実質1年の半分以上味わえるフルーツといえる。そのまま食べてもよし。スイーツやジュースに加工してもよし。それだけ人気の果物で、需要が高いということだろう。

 近年は国内でも冷涼な地域を中心に、夏から秋にかけて収穫が可能な「夏秋イチゴ」の栽培が広がっているという。このままいけば、1年中食べられる果物になるかもしれない。

 厳密に言えば、イチゴは果物ではないのだろうが、もはやフルーツの代表選手と言っても過言ではないだろう。ケーキ屋さんのショーウインドーでも堂々と主役をはっている。

 最近、歳をとったせいか、やたらと果物を食べたくなる。体がビタミンを欲しているのか。スーパーには季節の果物が並んでいるが、結構いいお値段がするので、気軽にカゴに入れることはできない。家族の多い庶民にとってはぜいたく品である。結局、バナナを手に取るのである。

【織】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      2月 6日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ