• 「宴」のひととき
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 求人広告(11月8日掲載分)
  • イベント情報

紀南抄「若い力の将来に期待」

 中学校軟式野球の三重県選抜チームの一員として、東海大会優勝、全国大会3位に貢献した、紀宝町立矢渕中学校3年の榎本健志選手が先日、町役場を表敬訪問し、西章教育長に結果を報告した。三重県選抜には榎本選手のほか、御浜町内の3人もメンバー入りし、大会通して東紀州地域の選手たちが活躍した。

 榎本選手はレギュラーのキャッチャーでチームの副主将も務めた。キャッチャーは、扇の要や女房役と称されるように、まさにチームの屋台骨となる存在。初めて接する投手ばかりをリードするのは大変だったはず。積極的にコミュニケーションをとって各投手の特徴を引き出すとともに、大事な局面で盗塁阻止やけん制でランナーを刺すなどビッグプレーを見せてチームをけん引した。

 話を聞くと、捕球してから投げるまでのスピードがかなり速いという。高校では甲子園出場を目標にさらに精進すると力強く話していた。また、目標とする選手は侍ジャパン常連のソフトバンク・甲斐拓也捕手。これから順調に力を付けていけば、甲子園やその先、プロで活躍する姿が見られるかもしれない。若い有望株の今後に期待したい。

【F】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ