• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

イササジコンストア 木工と陶器ー二人展

やさしさにあふれた作品
使用者の心に寄り添う

 木工作家・杉村徹さんと陶芸作家・角掛政志さん、2人の作家が作る暮らしの道具「木工と陶器–二人展」が5月4日(火)まで、那智勝浦町築地のイササジコンストアで開かれている。

 杉村さんの主な木工技術は木を鑿(のみ)で削って彫る、刳り物(くりもの)と呼ばれるもの。木の表情が美しい器シリーズやスツール(背もたれのない一人用の椅子)が代表作。スツールは座面を鑿で削っているため、お尻にフィットして座り心地がよく、また削り跡も美しいのでインテリアとしても抜群の相性。

 また、器はきっちり左右対称ではなく、バランスよく美しい形というのが特徴で、心地よいリズム感がある。樹木の気配を感じさせるクルミやサクラ、クリやメープルなど、木材の自然な持ち味が堪能できる。

 角掛さんの作品は、粉引きと黒釉のお皿、急須。新作の高台つき皿は魅力がいっぱい。急須は、茶こしの穴もかさつくことなく、ていねいに作られているため茶葉がひっかからない。さらに、ふたにも使い勝手に工夫がされている。

 ふたの下部分、本体と合わさるところが長めの形状のため、注ぐときにふたが外れたりすることなく、安定させることができる。そして、液だれせず、水切れがいいのも特徴。高台の皿は、メインディッシュなどに用いると際立つ。2人の作品には、使用者に寄り添ったやさしさがある。

TEL.0735-52-1191
那智勝浦町築地7-9-6
営業時間/10時~19時
定休日/水曜日

      和歌山県

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ