• 涼麺
  • 7月24日・8月5日
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「尾鷲をアピール」

 先日、尾鷲市の行財政改革推進会議があり、職員提案が話題になった。その一つに、「(テレビの)天気予報によく尾鷲市が映るので、それを利用して何かアピールができれば」とのアイデアが出ていた。

 いわゆる「お天気カメラ」に看板などを映そうとするのは難しい。仮に大きな看板を作ったとしても、目立つと逆に映らないようにズームされたりする可能性がある。

 無料もしくは安価で取り組めることを考えるのは、職員の工夫にもつながりいいこと。一方で、どうやって補助金や寄付など資金を引っ張って来るかも大切な視点。

 PRではなく、取り組んだ事業が報道で取り上げられて話題になるのが一石二鳥と言える。去年やった出世魚のブリを新入社員に贈って、活躍を願う取り組み。水産庁から来ていた丸茂氏の発案。非常に取材しやすいネタで、東海エリアではテレビ各局が取り上げたと記憶している。

 天気でいうと、梅雨入り、大雨、台風、夏の暑さと尾鷲の映像がニュースで使われる場面は多い。ただ、地元の人以外が一目で尾鷲と分かる場所がないのは残念。そのような場所をつくれば、認知度向上につながることは間違いない。

(M)

      3月27日の記事

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ