• 2024年人事異動
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

紀南抄「すぐにできる備えを進めて」

 能登半島地震の被災地に向け、当地方からもそれぞれの立場での支援が続いている。紀宝町は姉妹町で災害時の相互応援協定を結ぶ中能登町が被災し、発生直後から職員を継続的に派遣している。2011年9月の紀伊半島大水害で災害復旧への取り組みを経験した職員らがそのノウハウを生かし、現地の住民のために活動。中能登町の職員だけでなく、被災してつらい思いをしているはずの町民からも感謝と労いの温かい言葉を掛けられているという。
 
 当地方は南海トラフ大地震の発生が予想されている。起きてほしくないが、歴史的に一定周期で発生しており、必ず起きる。1年後、いや明日起きても不思議ではない。不安をあおり過ぎるのはよくないが、被災地での活動を経験した紀宝町の職員も「一人一人ができる備えを進めることが自分の命を守ること、地域全体の被害軽減につながる」と話していた。
 
 いつ、どこで起きるか分からないのが地震。いろいろな場面を想定しておく必要がある。便利なスマホも有事の際は使用できない可能性があり、家族との連絡方法はすぐにでも決めておいてほしい。
 
【F】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ