• 本宮祭
  • 4月15日まで
    春の全国交通安全運動
  • 2024年人事異動
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

紀南抄「率先避難者一人でも多く」

 JRきのくに線の新宮ー串本駅間で行われた「鉄學」を取材した。沿線地域の歴史文化を学びながら、地震・津波からの率先避難者を増やすための避難方法を体得してもらおうと、和歌山大学とJR西日本和歌山支社が共同で行う取り組み。訓練の取材では、自らも列車を降りて坂道を駆け上がり、息を切らした。
 
 地震発生と津波からの避難を呼び掛ける乗務員の声が何度も響き渡り、参加者も一目散で高台を目指すという緊迫したものだった。元日の能登半島地震の発生直後、NHKの女性アナウンサーが「すぐに逃げて、東日本大震災を思い出して」と強い口調で繰り返し呼び掛けていたのを重ね、有事の際は身分や立場に関係なく、助かるための最善を尽くさなければならないと感じた。
 
 同路線の利用者は高校生と高齢者が大半。ワンマン運転のため乗務員は1人で、有事の際は高校生たちが率先避難者として、居合わせた高齢者を支援しながら避難することが求められる。訓練を一度でも体験すること、また、普段の乗車時から頭の片隅に留めておくことでいざという時に行動できるのではないか。
 
 【F】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ