• 「宴」のひととき
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 求人広告(11月8日掲載分)
  • イベント情報

紀南抄「地域の祭りがピンチ」

 烏止野神社の例大祭で関係者と話している中、「だんだん続けていくのも大変になっている。(コロナ禍で)やらないとやり方も忘れてしまう」「地域の伝統行事なので続けていかないと、信仰が薄れてしまう」「子どもたちが楽しみにしている。やめるわけにはいかない」などの現場の声をいただいた。聞くと、例大祭でお酒を奉納した人の名前を載せる掲示板は、かつて3枚横並びであったという。現在は1枚でも空きがある。

 コロナ禍でなければ神輿(みこし)や山車(だし)でにぎわう例大祭。今年は本来の形でできるかと思った矢先、感染者数が増え、規模縮小を決めた。地域の信仰にとって「対面で集まれない」というのは大きな打撃と見受ける。神様はそろそろ驚いてはいないだろうか。子どもたちの記憶に、このお祭りのことは残るだろうか。

 それでも、今年も児童が立派に巫女舞を奉納した。確かな信仰の継承に、温かいものを感じる。人と自然がつながりを保っている熊野の地域で、地元のお祭りが守ってきたものの役割は大きい。か細くても信仰の火を絶やさぬ方法を、産官学含め地域全体で考えなければいけない。

【稜】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ