• 「お燈祭り」
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 求人広告(12月13日掲載分)
  • イベント情報

紀南抄「駅伝の練習始まる」

 第22回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会(令和5年2月12日)に向けて、新宮市チームが7日、練習を開始した。小5から中3まで29人が集まり、本番までに16人が選抜される。
 
 前回大会は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止となった。「新宮市のために」と11月から練習をコツコツと積み上げて選手らは、くやしい思いをしたという。しかし、その時の選手らが今回も参加している。取材時、また中止になることに不安があるかと聞いたら「思い切り走り抜きたい」と、あっさりさわやかな答えが返ってきた。迷いはないようである。
 
 昨年から監督として携わっている石原貞代監督は、強くなること以上にチームづくりに重点を置く。選手それぞれが「みんなのために走ろう」と思え、県で「一番いいチーム」を作ることで選手らも充実し、次回大会に参加する流れが生まれるという。顧問が同駅伝大会の経験者である新宮高校陸上部の指導協力をこぎつけたのも石原監督。
 
 感染状況は読めないが、選手らには気負うことなく、自分たちのペースで駆け抜けていただきたい。きっと素晴らしい経験になる。
 
【稜】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      2月 6日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ