• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄「ポリエステルの躍進」

 寒い季節に重宝するのがニットやファー製品。服に限らず、マフラーや手袋、ブランケットなど、デザインや種類も豊富で、かわいらしいデザインに心も体もポカポカになる。ただこれらの製品の難点はチクチクと静電気。ウールなどは洗濯にも頭を悩ませる。

 そんな中で躍進しているのが化学繊維のポリエステル。現在、日本での生産量・消費量ともにナンバー1の繊維と言われている。アパレル製品はもちろん、カーテンやカーペットまで幅広く使われ、毛布業界では、アクリルから安価なポリエステルに代わっているという。

 私は天然素材や動物繊維が苦手なので、化繊の中でも特にポリエステルに絶大な信頼を寄せている。洗濯機でガンガン回せるし、乾くのも早い。シワになりにくく、耐久性に優れている。ただ、冬はどうしてもアクリルやウール素材の衣類が多いのが残念だった。購入時には必ず品質表示を確認して、どんなにほしい物でも、ポリでなければ購入を諦めていた。しかし近年うれしいことに、ポリ素材のニットやファーがかなり出回るようになってきたように感じる。今年の冬ももちろん、たくさんのポリ製品を購入した。

【織】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      アクセスランキング

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ