• 本日の新聞広告
  • 求人特集
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 台風で延期
    各地の花火大会、日程変更

紀南抄「早め早めの防災行動を」

 超大型の台風10号が、14日から15日にかけて暴風域をともなったまま、強い勢力で西日本に接近、上陸するおそれがある。13日午前5時の気象庁予報部の発表によると、西日本から東日本の太平洋側では、13日から大しけとなり、14日から15日にかけて猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなるところがあるとしている。暴風や高波、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼び掛けている。
 
 台風10号は1時間におよそ15キロの速さで北西に進み、近畿地方で14日にかけて予想される最大風速は20メートル、瞬間最大風速30メートル。波の高さは8メートル。14日午前6時までの24時間に予想される雨量は200ミリ、その後、15日午前6時までの24時間に予想される雨量は多いところで、300から500ミリとされている。
 
 気象庁はさまざまな「防災情報」を発表している。時間を追って段階的に発表される「注意報」や「警報」などの防災気象情報を有効に活用し、早め早めの防災行動を取るように心がけてほしい。
【茂】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ